LINEを乗っ取られたら、まず最初にやるべき対処

LINE

こんばんわ。SeLe(@SeLe_wave)です。
チャット・無料通話アプリで有名なLINEの乗っ取り事件が昨今の話題となっておりますが、皆様は大丈夫でしょうか?
私は乗っ取りに遭いました。アカウント凍結&連絡先全滅のダブルパンチを貰いました。

正直、自分が当事者になって焦りましたが、タダでは起き上がりません。記事にしちゃいます!

この記事は長くなりそうなので、
「乗っ取られて初めにやるべき対処」
「LINE乗っ取り被害に遭わないための対策」
「LINEに報告したその後と自分の新しいアカウントの復活」
の3本に分けて書かせていただきたいと思っています。

今回の記事は「乗っ取られて初めにやるべき対処」です。

発生した状況

実際の画像

先日の2014/07/26の午後3時頃に乗っとり被害に遭いました。以下のメッセージが連絡先に入っていた全員に送られてしまったようです。画像は友人にキャプチャをして送ってもらいました。

2014-07-28 (1)

近くのコンビニエンスストア
でiTunes のプリペイドカードを買うのを手伝 っても らえますか?

最近話題の乗っ取り事件の文章と丸々同じです。変な空白も入っていますね。
幸いネットリテラシーの高い友人たち&ネットで散々騒がれた後でしたので、被害の報告は聞かずに済みました。

騒がれた記事はコチラ↓
LINE乗っ取りで警視庁が対策を要請
【実録】LINE乗っ取り被害に遭った人のやり取りの一部始終を公開!

調べたら去年の秋ごろから始まっていたみたいですね。

頼りになる友人たち。乗っ取り発覚

上記の文章を送られてすぐに、電話が6件、メールが5件、友人たちから入りました。皆のメッセージは「LINE乗っ取られてるぞ!」「LINEおかしいけど大丈夫か?」「すぐに皆に連絡したほうがいい」など、大変頼りになるもので、一瞬で乗っ取り詐欺と確信を持って連絡してくれました。

私はLINEの通知・バッジを切っているので、全く気づかずに過ごすところでした(恐ろしい)
そんな感じで経緯を知りました。驚きましたがすぐに行動しなければいけません!

そこで、私の実行した、LINE乗っ取られ後、即座に行動した事を紹介します。

乗っ取られても、落ち込まず、すぐに行動

SNSをフル活用してでもとにかく知らせる事

昨今はインターネット社会ですので、友人に連絡することはさほど難しくありません。自分の場合はFacebookとTwitterをやっているので、即座に両方のTLに被害を投稿しました。
本当でしたら、全員にメールor電話が良いのですが、乗っ取られた直後から、電話帳もトーク履歴も見れなくなってしまうので、誰に送ればいいのか分からなくなってしまっていたので、苦肉の策としてSNSに投稿しました。

自分のパスワードの管理が甘かった所為もあって引き起こした事件ですので、とにかく謝っていましたね(笑

上記にプラスして、先輩や会社の上司など、自分から敬語を使って話す目上の人には、LINEに登録した記憶が曖昧でも電話で連絡しました。
何故かと言うと、騙されてしまう確率が格段に高いような気がしたからです。

普段、友人や後輩と話すときは敬語は使わないので、メッセージを見た瞬間に「えっ?なんで敬語?」と思ってくれるはずですが、先輩や上司はそうは行きませんからね。

連絡したら次は自分。他サイトのパスワードを変更する

LINEが乗っ取られているなら、少なくとも、LINEのID(メールアドレス)とパスワードが流出しているはずです。
他サイトにもIDとパスワードを使い回ししている場合は非常に危険なのは明白ですよね?

なので、すぐに他サイトのパスワードも変更しました。
理想は8文字以上で記号・数字・英字を組み合わせてパスワードを作ることです。

LINEの流出したパスワードはとにかく、素早く変えてくださいね。
私も何件か使い回しがあったので、すぐに変えてきました。

それと、自分の中で使いまわしているパスワードは5種類ほどありますが、1つダメになっただけと考えるのは危険だと思いました。
今回の件を機に、少しづつ使い回しを減らしていくことを考えていく予定です。

私のパスワード強度の優先順位は
銀行・クレジット>>>ポイント系(楽天・アマゾン等)>課金ゲーム>>>無料会員登録系
を優先でやっていますので、銀行等、直接お金が動くところはガッチガチのパスワードをオススメします。

間違っても「password」なんてパスワードはダメですよ!

乗っ取られたアカウントの凍結や削除の依頼

乗っ取られたアカウントは今も悪さをしている可能性があります。
なので、LINE公式ブログから、問題の報告と削除の申請をしましょう。

事実が確認できれば、今までに購入したスタンプなども取り返せるかもしれません。

LINE公式ブログにアクセス

他社サービスと同じパスワードを設定している皆様へパスワード変更のお願い
2014-07-28 (2)

ページ下部の「お問い合わせフォーム」に移動。

2014-07-28 (3)

上から順番に記入していってください。
連絡メールアドレスとLINEに登録したメールアドレスが違う場合は注意してくださいね。
これが合っていないと確認ができないとされて、対応してもらえません。

添付には、自分が被害にあったキャプチャ画面などを送るといいでしょう。

無事に終わると自動返信メールが来ます。

Gmailからのキャプチャを張っておきます。
私は以下のように届きました。

2014-07-28 (4)

その後「お問い合わせの回答」ということでメールがきましたが、さほど重要ではなかったので後ほど記事にさせていただきます。
結果だけ言うと、まともに取り合う気は無いようです(泣)

それでは、今回はここまでとさせていただきます。
明日、明後日には「LINE乗っ取り被害に遭わないための対策」と「LINEに報告したその後と自分の新しいアカウントの復活」を書かせていただきたいと思います!

以上、SeLe(@SeLe_wave)でした!

第二弾できました↓
LINE乗っ取り被害に遭わないための対策 | Select WAVE

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 第一弾はコチラ↓ LINEを乗っ取られたら、まず最初にやるべき対処 | Select WAVE […]