ダーツが上手い人はスローイングが上手いんだ

darts2

こんばんわ!Sele(@SeLe_wave)です。
最近はBフラのレーティング6~7をふらふらとしています。
ダーツが上手い人、憧れますよね。かっこいいです。
ユーミング→テイクバック→リリース→フォロースルー
この一連のスローイングの動作がコントロールの命運を決めます。

ダーツのうんちくは大事。でもやっぱりスローイング

ダーツを上達しようと思って一番はじめにやったことはなんですか?
スタンス?グリップ?それ以外の細かいところでしょうか?

私もCフラで2年以上過ごしてましたが、やっぱりグリップなどの細かいところから見直しをしていました。
上級者の人からは「とにかく投げてみろ、そのうち自分のフォームが固まる」とのことで、指導はしてもらえたのですが、やっぱり人によってマチマチ…

共通の一言があるとすれば「まっすぐ引いて、まっすぐ投げる」この一言でした。
一番簡潔に、簡単に言ってくれることが、一番難しいんですよね。

ダーツの上達には何が必要か

NKJ52_atamawokaita

私が意識したことは、
自然に・スムーズに・同じように
の三点です。

自然に投げるには、投げやすい自然体のフォームから生まれ
スムーズに投げるには、一連の動作を身にしみつける必要があり
同じように投げるには、むやみに弄らず一つのフォームで投げ込む

これだけで、上達の速度は上がりました。

詳しく言うと、プロの動画を参考に自分なりの投げやすいフォームで立ち、とにかく投げる。
うんちくを二の次として模倣地味た事をして投げ込みました。

やはりプロは綺麗なフォームで投げるので、それを真似して投げるだけでも効果はテキメンでしたね。
プロになった気分で、構え、矢を引き、直線を描きながら投げ、1秒程のフォロースルー

私は、これを意識して、3ヶ月ほどでBフラに上がることができました。

以下に、私が真似していたプロの動画を貼っていきます。

星野光正プロ

ダーツ指南動画です。動画中で縦軸横軸などを表示して、いかに綺麗なフォームで投げているかがよくわかります。


星野プロと谷内プロの対戦動画です。プロの試合をみて、プロになりきって投げるのが私から言えるコツです。

江口祐司プロ


星野プロとの対戦動画ですが、この江口プロも私の大好きなプロの一人です。

総評

動画はゆっくり見ていただくとしまして、やっぱり私の言いたいことは一つ。

投げ込むこと。
それにはプロの動きを真似るのが手っ取り早い!

今から始めるひと~初心者向けと思って書きました。
ダーツ人口が増えるのを切に願ってます!Sele(@SeLe_wave)でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする