ダーツのマナー13項目!初心者でもこれだけは守ろう!

ダーツって紳士のスポーツなんですよ?
初心者の方はもちろん、中級者・上級者の方も一回復習してみましょう!
気持ちのよい試合でエンジョイダーツライフ!

darts1
こんばんわ!レーティング6~7を行ったり来たりな『せれ』です!
マナーって聞くと少し堅苦しく感じるかもしれませんが、そんなに大変な事をやるわけではありません♪最近ではオンラインで対戦することも普及していますし、マナーを守って気持よく対戦しましょう!

社団法人日本ダーツ協会では以下のようにマナーを記述しています

  1. ダーツはダーツボード以外に向けて、投げてはいけない。
  2. ダーツを人に手渡すとき、必ずポイント部分(矢の先端部分)を手前にし、自分の手の中に入れた状態で渡すこと。
  3. プレー中は、ダーツボードと投げている人の間を横切ってはいけない。
  4. ダーツを投げている人の視界に入る場所にいてはいけない(ただし、スコアラー、コーラー及びスコアキーパーはこの限りではない)
  5. ボードからダーツを抜くとき、1本1本優しく回しながら抜く。
  6. 対戦相手がダーツを抜き終わって、スローイングライン後方に戻ってくるまで、構えに入ってはいけない。
  7. 右利きの人は右足、左利きの人は左足を、つまり投げる手と同じ方の足を前方にスタンスする。
  8. ダーツのポイントを後方に向けたり、アンダースローで投げてはいけない。
  9. 1台のダーツボードでは一人ずつ順番に投げなくてはならない。
  10. ボードからダーツを抜くとき、ジャンプして抜いてはいけない(届かない場合は台などを使用すること)。
  11. 試合前後は“お願いします”“ありがとうございまいした”と握手を忘れないこと。
  12. 試合中、対戦相手にことわらずに席を外してはいけない。
  13. スコアキーパーにも礼を尽くすこと。

一つづつ見て行きましょう

ダーツはダーツボード以外に向けて、投げてはいけない。

もちろんですね!ふざけて人に向けるのも絶対ダメですよ!?
ダーツは凶器にもなります。実際に壁に穴が開いてるお店とかも多いですからね。
やってる人がいたら注意しましょうね。

ダーツを人に手渡すとき、必ずポイント部分(矢の先端部分)を手前にし、自分の手の中に入れた状態で渡すこと。

はさみの受け渡しと一緒ですね♪
多分ハードダーツ(先端が鉄の矢)での名残だと思います。手のひらに刺さらないように配慮してあげてください。

プレー中は、ダーツボードと投げている人の間を横切ってはいけない。

正直これはかなり危ないです。誤って投げられてしまったらボードの高さ的にも最悪顔に当たります。また、投げられたりしなくても、プレーヤーの集中力は完全に切れてしまいますので、その後のプレーに影響を及ぼすものだと思ってください。
ボードから弾かれて隣の台の前に飛んでいった時も、慌てずお隣さんが投げ終わるのを待ってから回収しましょう♪

ダーツを投げている人の視界に入る場所にいてはいけない

ビリヤードも確か同じマナーがあったはずです。
集中している時に人影はあまり良くありませんので、後ろで待機していましょう

ボードからダーツを抜くとき、1本1本優しく回しながら抜く。

理由としてはボードと矢が傷つくからです。矢が傷つくのは自分の自由かもしれませんが、ボードはお店が手入れをしながら守っている財産ですので、後のプレーヤーのためにも是非大切に扱ってください。

対戦相手がダーツを抜き終わって、スローイングライン後方に戻ってくるまで、構えに入ってはいけない。

相手を急かしてはいけませんよ?
ダーツは自分のリズムで出来るスポーツですが、相手の事を考えてあげましょうね♪

右利きの人は右足、左利きの人は左足を、つまり投げる手と同じ方の足を前方にスタンスする。

いわゆる野球投げですね。
前に飛ばさなきゃいけないと思って無意識にやってしまう人がいるかもしれませんがやめてあげてください。野球投げでは無駄に力が入り、ボードを傷つける原因となります。そっと投げても矢は刺さりますからね♪

ダーツのポイントを後方に向けたり、アンダースローで投げてはいけない

先端を後ろに向けるのはダメですよ!人がいたら危ないですからね!
アンダースローについては申し訳ありませんが、まだハッキリ理由はわからないです。ただ、アンダースローで常に投げる人は見たことありませんし、狙えないと思いますから、やめたほうが無難でしょう。

1台のダーツボードでは一人ずつ順番に投げなくてはならない。

何人かで並んだりして一斉に投げてないでくださいね?
ダーツは玉入れではありませんよ!

ボードからダーツを抜くとき、ジャンプして抜いてはいけない

ボードを傷めますのでやめましょう。運悪く20のアウトに刺さって届かない時は、台を使うか、長身のイケメンさんにとってもらいましょう。ダーツをやってる長身イケメンは多いです。

試合前後は“お願いします”“ありがとうございまいした”と握手を忘れないこと。

お互い気持よく対戦をしましょう!
最近では拳を軽く合わせて挨拶をするのが主流になっているので、ぜひ実践してくださいね♪

試合中、対戦相手にことわらずに席を外してはいけない。

進行の妨げになってしまいますね。
オンラインで対戦をしていても思うのですが、タバコを吸ったり、飲み物を飲んで進行を気にしない人が最近多く見受けられます。休憩は試合が終わってからゆっくりしましょうね!

スコアキーパーにも礼を尽くすこと。

スコアキーパーがいる大会にでる機会は少ないと思いますが、いたら是非スコアキーパーにも礼をしっかりしてくださいね♪
かれらのお陰で、試合の段取りがよくなっております。

以上、長くなりましたが、簡単にマナー講座をさせていただきました!


『せれ』のオススメセレクト!

長々とマナーを書きましたが、身に付けるには実践が一番です!多少マナーを間違えたりしても怒鳴ってくるような人はいませんからね♪みんなで守って楽しいダーツをしましょう♪


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする